札幌で予防歯科は「すずき歯科クリニック」まで

予約制

011-572-1177

「予防サイトを見た」と言ってください

受付時間月火木金日祝
9:00~18:30 不定期16:30迄休診

※詳しい診療日程や水曜日の診療に関しては、カレンダーをご覧ください

お子様の治療

むし歯のない健康なお口はお子様への最高の“プレゼント”

今は「むし歯にしないように」歯科医院を受診する時代

ご両親が子供の頃は、むし歯になってから歯科に来院するのが当たり前でしたね。
今は“虫歯にしないように”と来院される方が増えています。
子供の歯はいつか生えかわるから大丈夫などということはありません。
おとなの歯になる前にむし歯になってしまうと、一生歯のことで苦労することになってしまうこともありえるのです。

むし歯菌は“感染”します

実は元々お口の中にむし歯菌はいません。1歳6ヶ月から3歳の間に身近な人からむし歯菌が感染します。(感染の窓といいます)“身近な人”となると、主にご両親やご家族のことです。つまり、ご両親やご家族のお口の中が綺麗になっていればお子様の感染リスクも低くできるということです。ご家族の協力が大切なのです。
また、兄弟でもむし歯になりやすい子とそうじゃない子がいますよね?
それはひとりひとり、むし歯へのなりやすさ(リスク)が違うからなのです。

むし歯になりにくいお口の環境に変えていくことが大切

むし歯にならないようにするには、お子様ひとりひとりに合わせた「オリジナルの予防プラン」を立て、それを実行継続し、お口の環境をむし歯になりにくく変えていくことが大切です。

現在むし歯になってしまったお口の環境を変えなければ、「削る、詰める、被せる」などといった治療をしても、再発を繰り返してしまうことがあります。

歯が痛くなったり、噛めなくなった時にだけ歯医者へ行き、むし歯や歯周病の治療を受けるだけでは、それは対症療法(症状に対する一時的な治療)にすぎません。
本当に大切なことは、それらを引き起こした原因をしっかりと把握し、それらを少しずつ取り除き、お口の中の状態を改善させていくことが必要となります。

お子様の治療の流れ

お口の環境をむし歯になりにくく変えていくためには、まず、「今のお口の状態」を正確に把握することから始めます。
必要十分な検査を行い、患者さん自身がふだんしっかり見えない自分のお口の中を把握すると同時に、歯科医師・歯科衛生士も正確に把握するための検査です。

そして、家で行う正しいブラッシングと、歯科医院で行う衛生士による歯石取りなどで良いお口の環境を作っていきます。その後は定期的なメンテナンスでお口の状態を維持・確認し、生涯自分の歯を健康に保ちましょう。
当院ではそのサポートをさせて頂きます。