札幌で予防歯科は「すずき歯科クリニック」まで

予約制

011-572-1177

「予防サイトを見た」と言ってください

受付時間月火木金日祝
9:00~18:30 不定期16:30迄休診

※詳しい診療日程や水曜日の診療に関しては、カレンダーをご覧ください

初めての方へ

あなたがむし歯・歯周病になった原因、知りたくないですか?

なぜ先進国日本で、歯を失う人がこんなにも多いのでしょうか?

日本人の歯を失う原因の約90%近くが、「歯の二大疾患」といわれる「むし歯」と「歯周病」です。
歯科でいう「病気」とは、この「むし歯」と「歯周病」なのです。
では、そもそもなぜむし歯になるのでしょうか。なぜ歯周病になるのでしょうか。
そして、この「むし歯」と「歯周病」を防ぐことができれば、歯を失わないということにつながります。

実際、「むし歯」や「歯周病」などの病気にならないための「予防歯科」先進国であるスウェーデンでは、80歳になっても平均20本の歯がまだお口に残っているというデータがあります。 しかし日本の場合は、80歳の場合の平均的な残存歯数は8本となっています。
※厚生労働省調べ

  • 先進国の70歳の残存歯数 むし歯になってから歯医者へ行った ]むし歯にならないために歯医者へ行った
  • 各国の定期的に歯科検診・クリーニングを受けている人の割合

日本とスウェーデンの残存歯の違いは、「歯科医院で定期的なメインテナンスやクリーニングを受けているかどうか」の違いとも考えられています。

スウェーデンでは90%以上の人が歯科医院で定期的なメインテナンスやクリーニングを受けているのに対して、日本では5%以下ともいわれています。

治療と再発を繰り返し、どんどん歯を失っていく 悪循環の「治療型」から、大切な歯を守り、残すため、 悪くならないようにする「予防型」へ。

日本人の歯を失う原因の1位が歯周病、2位がむし歯です。そして日本人には「痛くなってから歯医者に行く」という習慣が根付いてしまっています。欧米では「痛くならないように歯医者に通う」というのが常識です。日本では予防のためにメインテナンスに通う習慣もわずか数パーセントと、欧米と比べ、日本は実は「歯科医療後進国」とも言えてしまいそうです。

「痛い時だけ来院」=「治療型」の場合に歯が辿りがちな運命

  • 6歳
  • 7歳
  • 10歳
  • 15歳
  • 35歳
  • 55歳

一番大切なことは“お口の環境づくり”です

  • 01.応急処置
  • 02.基本的な検査とリスク判定
  • 03.検査結果の説明、クリーニング、歯ブラシ指導
  • お口の環境が良い状態になったら…
  • 04.治療
  • 05.再検査
  • 06.メインテナンス

当院では、今後できるだけ治療を繰り返さないため『お口の環境づくり』を大切に考えているため、お口全体の治療を基本としています。

応急処置が必要な場合には、まずは応急処置をいたします。応急処置が終わったら、唾液検査などを通じた「リスク判定」で、お一人おひとりのむし歯や歯周病に罹患するリスクを判定します。
同時に、お口の中の写真、レントゲン写真の撮影、むし歯や歯周病の検査を行い、しっかり記録した上で、診断をします。検査結果・診断結果をもとに、カウンセリングを行い、丁寧にご説明させていただきます。

次にプロによるお口のクリーニングを行います。ご自身では除去することのできない部分も、プロが専用の機械を使用して、丁寧にクリーニングを行います。
また、将来にわたって、お口の健康、ひいては全身の健康を守っていくためには、セルフケアも大切になります。プロによる歯ブラシ指導で、しっかりと磨けるために、正しい動作を身につけていただきます。

これらのことによって、お口の環境が良い状態になって初めて、本格的な治療に入っていきます。
治療後は再検査をし、健康になったら、その後は定期的なメインテナンスに移行します。治療が終了してからの定期的なメンテナンスは、健康な口内環境維持のためにとても重要です。『良いお口の環境』をメンテナンスで維持します。

定期的なメインテナンスがとても大切なワケ

歯の表面についた白っぽくネバネバした歯垢(プラーク)。プラークは決して食べかすなどではなく、「細菌の塊」であることをご存知でしょうか。プラーク1g中には約1,000億の細菌数であるといわれています。このプラークの中に、「むし歯」や「歯周病」の原因となる菌が、びっしりとひしめきあっています。

そしてこれらのことを「バイオフィルム」といいます。バイオフィルムとは、細菌同士が寄り集まってスクラムを組んだ状態になったもののことで、がんこにへばりついてなかなか除去できません。

フロリダのマグヌソン教授の実験で、お口の中の細菌を機械などを使用して除去した後、歯ブラシがうまく使えないと歯周ポケットの中の細菌が4~8週間でまた増えてくるということがわかっています。つまり、歯ブラシを上手く使えないとすぐ再発するということです。
バイオフィルムは薬剤などで除去はできないので、「毎日、ご自身でホームケアをしっかりと行い、定期的に、歯科医院でプロが専用の機械を使用して行うクリーニングで、ご自身では除去できないバイオフィルムをしっかり除去する」。このことを継続していくことが大切です。

まずは“リスク検査”から

お口の状態は人それぞれ、リスクも人それぞれです。当院では、まずは「リスク検査」を行い、しっかりとリスクを判定し、それに基づいたオーダーメイドの治療をいたします。

リスク検査について